振袖の移り変わり

着なくなった振袖

振袖 振袖は若い人の礼装で独身、もしくは30代前半の女性のみが着用します。
成人式などで着用した思い出のある振袖が着用できない年齢になった場合、保管しておき自分の子供や親戚などにおさがりとして渡す人もいますが、おさがりを出す相手がいない場合は思い切ってリサイクルショップに売ったり他に形を変えて残すこともできます。
花嫁衣裳の特別な引き振袖に仕立て直して披露宴などに着用すればより思い出の品になり、柄の出方によっては長い袖を切って訪問着にすることができるため、色が若々しい場合には落ち着いた色に染めなおすと長く着用できます。
切ってしまった袖で小物をつくることもできるので、無駄がありません。
大胆にリメイクしてドレスに作り替えることも可能でコサージュやベルトなどの小物も一緒に作ったり、帯も加えてよりゴージャスなデザインにすることもできます。
引き振袖もドレスも結婚式に着用すれば、家族にも喜ばれ、ドレスはワンピースタイプであれば今後友人などの結婚式にも着用できます。
そのほかトートバッグやクラッチバッグを作ることも可能なので、普段使用したりパーティーなどに持っていくこともでき思い出の品を有効活用することができます。

成人式の振袖選び 購入とレンタル

成人式の際に振袖を着ることがあります。
その際に選ぶ方法としては、振袖を購入する方法をレンタルする方法があります。
どちらにしてもメリットとデメリットがあり、それを理解して成人式の振袖を準備するようにすると良いです。
購入の場合のメリットとしては、成人式を迎える際に学生であることも多く、卒業式に袴用の着物のレンタルも一般的には5万から8万円ほどかかりますが振袖があれば袴だけをレンタルすればよいので、衣装にかかる費用を抑えることができます。
また友人や親戚などの結婚式などの際にも購入しておくと着たいときに着ることができるのがメリットです。
デメリットはと言うとレンタルよりも費用がかかると言うことと、お手入れが必要になることです。
またレンタルのようにそのつど色柄を選ぶことはできません。
レンタルのメリットはと言うと、そのときに気に入った色や柄を選ぶことが出来るのが一番のメリットです。
その他には、お手入れの必要がないということがあげられます。
デメリットは予約が間に合わなければ、気に入ったものが選べないと言うこと、手元には写真や動画などしか残らないこと、もう一度同じものが着たいと思ってもタイミングが合わなければ着られないことがあげられます。
どちらにするにしても成人式に間に合うように余裕を持って準備することが大切です。

人気の振袖専門店

最新のトレンドを取り入れた振袖のレンタルサイト

振袖 神戸